お茶の入れ方03

tooopen_19300622

出来上がりのお茶を客人にお茶を差し上げるとき、基本的に両手で持たなければならない。また、お茶を入れる容器の形によって、持ち方も変わってくる。耳がついてある容器の場合では、片手で容器の耳を持ちながら、もう片方の手で容器の底を持つ。耳がついてない容器の場合では、両手で容器の体を持って、客人に差し上げる。注意する点は一つだけあって、容器の上から手でコップを掴むような持ち方は絶対にしてはならない。

 

台湾語レッスンを申し込みましょう!

お茶の入れ方02

856-03815654次に、お茶を入れる水の量にも注意しなければならない。容器の半分から三分の二のところまでお茶を入れるのが一番適切な量だと思われる。水の量が多すぎると、水が外にこぼれやすく、高温で火傷をする場合もあるので、よくない。それに反して、量が半部以下だと、客人を接待する気持ちがないと思われ、失礼なことになる。

 

台湾語レッスンを申し込みましょう!

お茶の入れ方01

1307841505-0e4cd26e30cb7bb1f55ecd413076df19

まず、お茶を入れる前に、茶道具は必ずお湯で一回流すこと。理由は、茶道具は高温で消毒されていてきれいであることを客人に証明するからである。

 

台湾語レッスンを申し込みましょう!